否定文+英文法

英文法の基本的な知識をまとめたものです。英語の基礎的な知識を確認したいときに参考にしてください。

【助動詞】助動詞は、その名の通り動詞の働きをたすける品詞です。
助動詞には次のようなものがあります。
can・・「?できる」可能を表す。否定文で表すと「?のはずがない」にもなります。
could・・canの過去形。「?できた」
must・・「?しなければならない」「?にちがいない」That must be a cat.(あれは猫にちがいない。)
may・・「?かもしれない」「?してもよい」You may eat ice cream.(アイスを食べてもよいです)
will・・「?だろう」未来を表す助動詞。He will return soon.(彼はもうじき戻ってくるだろう)
would・・willの過去形など。Would you tell me the way?(道を教えてくれませんか?)
do・・疑問文や否定文を作るときに使用する。動詞の前に置けばその動詞を強調する。
shall・・「?しましょうか」
should・・「?すべきだ」You should study more.(君はもっと勉強をすべきだ。)

【否定文1】否定文の作り方。
be動詞(is、areなど)や助動詞(can、may、mustなど)のある文を否定文に代えるときは、動詞の後にnotやn’tをつけます。
特殊なケース。
willの否定形はwon’t
can not、can’tのほかにcannotのようにひとつの単語で表現できるものもあります。
He is not good at cooking. 彼は料理が得意ではない。
She cannot swim in the sea. 彼女は海で泳ぐことができない。
Aren’t you a student?あなたは学生ではないのですか?
No I am not.はい。学生ではないです。

【否定文2】否定文の作り方。
一般動詞がある文を否定文に代えるときは、疑問文と同様にdo、does、didを使い、後ろにnot、n’tをつけます。
do、does、didの使い分けは次の通りです。
現在形の疑問文では、doとdoesを使用し、過去形の疑問文には、didを使います。
doとdoesの違い
1人称・2人称の単数と複数、3人称複数ではdoを使い、
3人称単数では、didを使います。
I don’t know him. 私は彼の事を知らない。
He doesn’t know her. 彼は彼女のことを知らない。

【部分否定】英語の否定文に「全て」や「いつも」を加えると、部分否定になります。
He does not study every day. 彼は勉強をしない日もある。(部分否定)
She doesn’t eat vegetables every day. 彼女は野菜を食べない日もある。(部分否定)
She doesn’t eat vegetables.(否定)

【同調】語尾に「too」をつけると同調「?も」をあらわす文になります。否定文に同調するときは「either」をつけます。
A「I like this song very much.」 私はこの歌がとても好きです。
B「I like it、too.」私も好きです。
A「I didn’t go to school.」私は学校に行かなかった。
B「I didn’t go to school、 either.」私も学校に行かなかった。

【命令文】命令文を作成するときは、動詞の原型を先頭に持ってきて、主語となる「you」は省略します。
Sleep early. 早く寝なさい。
「is、are、am」などbe動詞を使う場合は、その原型である「Be」を先頭に持ってきます。
Be quiet. 静かにしなさい。
命令文を否定文で表す時には、動詞の原型の前に「Don’t」をつけます。
Don’t enter there.そこへ入るな。

文頭に「Please」をつけると、丁寧な言い回しとなります。
Please be careful. お気をつけください。
文頭に「Let’s」をつけると勧誘の意思を示す文章になります。
Let’s go to a teahouse. 喫茶店へ行きましょう。

【付加疑問文】「?かな」「?ですね」など、相手に疑問を投げかけて同意を求める文を作る時には、付加疑問文を使用します。
付加疑問文、主文が肯定文の時は否定の付加疑問文を加え、主文が否定文の時は肯定の付加疑問文を加えます。
You are good at English、aren’t you? あなたは英語が得意なのですね?
She can’t swim in the sea、can she? 彼女は海で泳ぐことができないんですね?
上記の例文では、末尾に加えた「aren’t you」や「can she」が付加疑問文になります。
主文で一般動詞を使用しているときは、「do」「does」「did」を使います。

【現在完了の否定文】現在完了の疑問文では、haveはhasの後ろにnotをつけます。
he has not walked a park. 彼は公園を歩きませんでした。

TOP / 目的語 / 副詞 / 助動詞 / be動詞 / 疑問文 / 否定文 / 不定詞 / 動詞 / 現在進行形 / 過去形 / 未来時制 / 現在完了 /

英単語暗記ツール