過去形+英文法

英文法の基本的な知識をまとめたものです。英語の基礎的な知識を確認したいときに参考にしてください。

【過去形】動詞を過去形で表現する時は、語尾に「ed」をつける。「e」で終わる単語の場合には、「d」をつける。
looked 見た
walked 歩いた
moved 動いた
lived 住んでいた
子音字とyの組み合わせの動詞は、yをiに置き換えてedをつける。
studied 勉強した
末尾の子音字を追加してedをつけるものもあります。
stopped 止まった
これ以外に、動詞の過去形には上記のような規則性のないものもあります。
ran 走った
bought 買った
went 行った

【助動詞】助動詞は、その名の通り動詞の働きをたすける品詞です。
助動詞には次のようなものがあります。
can・・「?できる」可能を表す。否定文で表すと「?のはずがない」にもなります。
could・・canの過去形。「?できた」
must・・「?しなければならない」「?にちがいない」That must be a cat.(あれは猫にちがいない。)
may・・「?かもしれない」「?してもよい」You may eat ice cream.(アイスを食べてもよいです)
will・・「?だろう」未来を表す助動詞。He will return soon.(彼はもうじき戻ってくるだろう)
would・・willの過去形など。Would you tell me the way?(道を教えてくれませんか?)
do・・疑問文や否定文を作るときに使用する。動詞の前に置けばその動詞を強調する。
shall・・「?しましょうか」
should・・「?すべきだ」You should study more.(君はもっと勉強をすべきだ。)

【疑問文3】一般動詞のある文を疑問文に代えるときは、先頭に「Do、Dis、Does」を置きます。
現在形の疑問文では、DoとDoesを使用し、過去形の疑問文には、Didを使います。
DoとDoesの違い
1人称・2人称の単数と複数、3人称複数ではDoを使い、
3人称単数では、Didを使います。
Do you know him? あなたは彼をご存知ですか?
Does she know him? 彼女は彼のことを知ってますか?
Did you study the psychology? あなたは心理学の勉強をしていましたか?

【否定文2】否定文の作り方。
一般動詞がある文を否定文に代えるときは、疑問文と同様にdo、does、didを使い、後ろにnot、n’tをつけます。
do、does、didの使い分けは次の通りです。
現在形の疑問文では、doとdoesを使用し、過去形の疑問文には、didを使います。
doとdoesの違い
1人称・2人称の単数と複数、3人称複数ではdoを使い、
3人称単数では、didを使います。
I don’t know him. 私は彼の事を知らない。
He doesn’t know her. 彼は彼女のことを知らない。

【助動詞句「have to」】「have to」は、「?しなければならない」を表す助動詞句です。
mustと同じ。過去形で表現する時は、「had to」を使用します。
I had to be in a house for a typhoon. 台風のため、家にいなければならなかった。
I had to study in the classroom. 教室で勉強をしなければならなかった。

【過去時制】過去のことを英語で表す時は、動詞の過去形を使用します。
be動詞・・・主語が単数の時は「was」、主語が複数の時は「were」
have動詞・・・had
一般動詞・・・動詞の過去形を使用する。
She studied English. 彼女は英語の勉強をした。

【不規則動詞】不規則動詞には、活用別に5つの型があります。
AAA・・・例:置く(原形put、過去形put、過去分詞put)
AAB・・・例:打つ(原形beat、過去形beat、過去分詞beaten)
ABA・・・例:走る(原形run、過去形ran、過去分詞run)
ABB・・・例:得る(原形get、過去形got、過去分詞got)
ABC・・・例:行く(原形go、過去形went、過去分詞gone)

【過去の状態を表す過去形】be動詞の過去形を使って、過去の状態がどうであったかを英語で表現することができます。
This river was clean before. この川は、昔は綺麗だった。
This television was expensive a long time ago.このテレビは昔は高かった。

【過去形と過去進行形】過去のある時点やある一定の期間にある動作をしていたことを表す文章を英語にするときは、過去進行形を使います。このときは、ある時間やある機関を文章の中に含める必要があります。これに対して過去形は、過去のある時点や期間を指定せず漠然と過去に「した」という表現をするときに使います。
I was studying English in the morning、 yesterday. 私は昨日の午前中は英語の勉強をしていました。

TOP / 目的語 / 副詞 / 助動詞 / be動詞 / 疑問文 / 否定文 / 不定詞 / 動詞 / 現在進行形 / 過去形 / 未来時制 / 現在完了 /

英単語暗記ツール