目的語+英文法

英文法の基本的な知識をまとめたものです。英語の基礎的な知識を確認したいときに参考にしてください。

【英文の並び】英語の語順は主に、主語(subject(S))・動詞(verb(V))・目的語(object(O))・補語(complement(C))となります。
SVOCで覚えておきましょう。
主語は「?が、?は」、動詞は「?する。?した」、目的語は「?を」

【目的語】動作の目的となる語を目的語(O)と言います。英文の並びは主にSVOとなります。動詞を修飾する副詞を含めるときの英文の並びは、主にSVO副詞となります。
She goes to Hawaii. 彼女はハワイへ行く。
I buy a book. 私は本を買う。
He runs a park every day. 彼は毎日公園を走る。
目的語は、人・物の順番で2つ登場することもあります。
He bought her a present. 彼は彼女にプレゼントを買った。

【目的語2】英語の並びには、SVOO(目的語が2つ)となるケースがあります。
I lent him the book. 私は彼に本を貸した。
He bought her the present. 彼は彼女にプレゼントを買った。

【補語】補語(C)は、述語を補うための言葉で、英文法ではSVCの並びで、「is」「are」「am」「was」「were」などbe動詞を補うケースが多い。
This is a pen. これはペンです。
This dish is delicious. この料理は美味しい。
上記の例文では、「ペン」と「料理」が補語にあたり、be動詞「is」を補う役割を果たしています。
またSVOCのように補語が目的語を補う場合もあります。
He went to the zoo in Tokyo. 彼は東京の動物園へ行った。

【不定詞の副詞用法】不定詞の副詞用法は、主に動詞の動機となる部分「目的(?のために)」を表現するときに使用する用法です。
I bought clothes to meet her. 私は彼女と会うために洋服を買った。
動詞の目的語は「clothes」である点に注意。

【自動詞と他動詞】I moved.「私は動いた」のように主語と動作が関連している動詞を自動詞といいます。
これに対して、I moved a bicycle.「私は自転車を動かした」のように、目的語と動作が関連している動詞のことを他動詞といいます。

【語順SVOO】主語(S)+述語(V)+目的語(O)+目的語(O)
The old man gave me the bag. お爺さんは、私にカバンをくれた。
この並びでは、先に人物をきて、その後ろに物が来ます。

SVOOの文章は前置詞「to」「for」を使って、次のように置き換えることもできます。
The old man gave a bag to me. お爺さんは、私にカバンをくれた。


TOP / 目的語 / 副詞 / 助動詞 / be動詞 / 疑問文 / 否定文 / 不定詞 / 動詞 / 現在進行形 / 過去形 / 未来時制 / 現在完了 /

英単語暗記ツール